【安全】韓国コスメが危険といわれる理由と安全なブランドを集めてみた

  • 更新日:2023/08/08
  • 韓国コスメ情報
韓国コスメ 危険

*本ページはプロモーションが含まれています

  • 危険な成分が入っている
  • 発がん性物質が含まれている
  • 日本で売っている韓国コスメは安全なのか気になる
  • やたらと安いけど危険性はないか不安がある

などの韓国コスメにある情報を見て、危険性が気になり調べている方が多いかと思います。

肌につけるものなので、やっぱり安心した品質で、少しでも刺激が少ないものを選んだり、肌トラブルが起きないものを見つけたりしたいものですよね。

筆者(リーフ)も韓国コスメを使う前は、危険性がある・肌トラブルが起きるという情報を見て避けていました(今ではヘビーユーザー)

確かに、販売されている(購入できる)コスメの中には、安全性を証明できないものがあるのは事実です。

ただ、しっかりと「ポイント」を押さえて選べば、日本国内で販売されている国産のコスメと同じ安全性を確保しながら、安く肌に合う韓国コスメが選べることはあまり知られていません。

そこで今回は、韓国コスメの危険性と安全な製品を見つけるポイントを紹介します。

最後には、安心して選べる国内で販売されているブランドにも触れますので、ぜひチェックしてくださいね!

韓国コスメならココがオススメ!

Qoo10(キューテン)

オンラインショッピングモールの中でも、韓国コスメに特化したQoo10は必見。
筆者(リーフ)も実際に愛用中で、その品揃えの豊富さに驚かされました(すでにVIP会員)。
さらに、Qoo10ならではのプライスダウンセールやタイムセールを逃さずゲット!

スタイルコリアン

韓国コスメ好きなら知らない人はいないほどの人気店、スタイルコリアンもおすすめ。
日本でも大ヒット中の韓国ブランドを取り揃え、トレンドをいち早く手に入れるチャンスです。

日本で売っている韓国コスメは安全?

日本で売っ てる 韓国コスメ 安全性

日本で売っている韓国コスメは、日本基準の薬機法(薬事法)によって安全性を確認されたものだけが販売されていることから「安全」といえます。

また、韓国でも化粧品だけに適用される「化粧品法」が制定され、その基準は日本の薬機法に近いレベルに細かく定められていることもその安全性を担保できる理由です。

ただし、韓国コスメと一括りになっていますが、日本で売っているものに限られており、以下のものは安全性を保証できないのが実情です。

  • 個人(法人)の輸入品(並行輸入を除く)
  • 観光先で購入した韓国コスメ

確かに化粧品法はありますが、韓国は日本と比べて衛生基準が低いとされ、風土や独自のルールによってコスメにも影響が出てしまう可能性は捨てきれません(確認する方法が国内にない)。

こうしたことを考えると、日本で売っている韓国コスメ(化粧品店および国内メーカー)のみは、高い安全性を確保できているというのが答えですね。

Point

並行輸入品は、本来であれば適切に薬機法を守って販売されるものであり、裏面に日本語で全成分を確認できるシールが貼られている必要があります(日本において許認可を取得する際に必要)。

このシールが貼られていない輸入品は、基本的に個人輸入品となりますので、本記事では「非正規並行輸入品」として取り扱っています。

※「日本公式」と書いてあっても配送元が韓国の場合、個人輸入である可能性が高いです。

発送元が韓国となっているものは、全成分表示が義務付けられておらず、シールもありませんので個人輸入に該当します。

韓国コスメに発がん性のある成分が含まれるのは本当?

韓国コスメに発がん性のある成分が含まれているという研究は、「韓国」で「特定できないように製品を公開」したものです。

ただ、日本で検出されたものではなく、またどのメーカーの何に含まれているのかまでは特定できない状態となっています(韓国側の一次情報からすでに秘匿されている)。

こうしたことを受けて、日本でも販売されている韓国コスメに発がん性のある成分が含まれているというイメージ(不信感)から、使うことを避けるといった動きは実際にあったようです。

Memo

リーフ個人の意見では、こうしたイメージや不信感が結果として、日本で売っている韓国コスメにも影響があるのではと感じています。

ただ、実際に使ってもう数年は経過するのですが、身体や肌に不調が出たことは一切ありません(持病で1か月に1回は受診して検査を受けている事実があります)。

ただし、肌に合う・合わないに関しては日本のコスメと同様に「個人差」がでる部分ではありますので、お試し等で使ってみてからの判断でも遅くはないと思います。

日本で売っている韓国コスメは本当にいいのか

「日本で売っている韓国コスメは本当にいいのか」ですが、この結論は「肌質」と「成分」の組み合わせによって異なります

日本のコスメでも使ったら肌に合わなかったという口コミが実際にあるように、韓国コスメでも同様のことがいえるためです。

日本で売っている韓国コスメであれば、薬機法によって安全性は問題ないため、本当にいいのかを判断したいときこそ使ってみることをおすすめしたいです。

韓国コスメの危険性は「ポイント」に気をつければ問題なし

韓国コスメの危険性を考えるなら、以下のポイントを押さえてから納得できるものだけを購入しましょう!

  • 成分の知識がないうちは国内販売のブランドだけを購入する
  • 安心できる販売者(販売店)から購入する
  • そもそも購入しない(国産コスメだけにする)

韓国コスメのなかには、問題なく使える製品があるのも事実(筆者は現在でも使っています)ですから、すべてダメと決めつける必要はありません!

また少し難しい話とはなりますが、日本で発売されている韓国コスメは、薬機法(旧薬事法)に定められた通り、「強い作用(効果)や副作用がなく人体に対する作用が緩和なもの」という大前提で販売されています。

つまり、この薬機法に抵触しない品質で作られているわけです。

ではなぜ、韓国コスメは危険性が高いと言われているのか

『個人・業者で購入できるもの』である、以下の韓国コスメが含まれているからです。

  • 個人輸入として販売されている韓国コスメ
  • 韓国から直接購入して持ち帰ったコスメ

今回は、日本で販売されている韓国コスメではなく、こうしたものの危険性に焦点を当てていきます。

韓国コスメが向いていない人は?

韓国コスメは、個人購入・日本国内販売などの見極めや、成分のチェックが必要なことから以下の人にはおすすめしません。

  • 国内生産のレベルで信頼性を求める人
  • 韓国によいイメージがない人(コリアフリーな人)
  • 肌の状態に少しでも不安を感じている人
  • 面倒な見極めをしてまでコスメを選びたくない人

輸入という側面がある以上、国内生産という信頼性を求める場合には向いていませんし、韓国によいイメージがない場合は避けておくほうが無難です。

また、有効成分が多く含まれていたり、刺激が強いコスメがいくつかあったりするため、肌の状態に少しでも不安を感じている人は、本当に安心して使えると思ったものだけを使いましょう!

また、韓国コスメは見極めが必要ですので、面倒な人にも向いていないとリーフは考えています。

では、ここからはなぜ韓国コスメが危険と言われているのかの理由から説明しますね。

韓国コスメが危険と言われる理由

韓国コスメ 危険 理由

韓国コスメが危険と言われる代表的な理由は、以下が挙げられます。

  • 金額が安すぎて「怪しい」
  • 危険な成分が含まれている
  • 日本人の肌に合わない
  • 肌トラブルの対処がしにくい
  • 日本と韓国では基準が異なる

それぞれ、なぜなのか詳しくリーフなりに説明しますね。

金額が安すぎて「怪しい」

韓国コスメは、成分が多く含まれているのにもかかわらず、日本国内の製品と比べて安いことで「危険」「怪しい」との意見があるようです。

国内生産のコスメと比べると、有効成分が同じものでも半額であったり、モール(ショップ独自)の割引で50%OFFとなったりすることが多くあります。

ただ、海外で生産することによってコストカットを実現できるといったことは、コスメに限らず多くの企業で実施されている物ですし、人件費も異なりますから、安いからとはいっても「危険」とは言い切れません。

あまりにも安い場合には、個人輸入したものや偽物が混じっていることがあるので、ここは見極めポイントの一つですね。

危険な成分が含まれている

韓国コスメには、危険な成分が含まれているとの意見もあります。

例えば、発がん性物質や奇形の原因とされる成分、また日本ではフリーが主流になりつつある界面活性剤などが代表例です。

日本で販売されている韓国コスメは、薬機法で危険な成分が含まれていないことが証明されていますので、個人輸入や非正規並行輸入品、または韓国から直接購入してきた場合には注意が必要です。

いくつかの具体例に触れてみますね。

発がん性物質が含まれている

韓国環境運動連合が発表したとされる情報より、韓国コスメに「PFAS(発がん性または環境汚染物質)」が含まれているといった話題が挙がったことがあります。

ただ、この調査がどこで行われたのかは不確かで、どのコスメなのかも明確ではありません

アスベストの混入があり、そこから危険だと言われ始めた記憶がある

出典:Yahoo!知恵袋

といったものや、ネットでもマスコミには触れられない闇というコメントを見かけます。

こうした可能性があることを考えると、日本の薬機法で守られているブランドを選ぶようにしないといけませんね。

奇形の原因とされるムスクケトンの検出

一部の河口で奇形の原因とされるムスクケトン(化粧品・化学衛生用品成分)が検出された話を受け、韓国コスメが危険という話となった例もあります。

こちらのニュースはリサーチしましたが、化粧品から検出されたものではなく、下水処理場からである可能性が高いようです。

ただ、こうした成分が含まれた下水処理施設がある場所で作られていると考えたら、やや忌避感はあるのかもしれません。

日本人の肌に合わない

韓国コスメは、日本人の肌に合わないという理由から危険とされていることも挙げられます。

これについては明確な原因を見つけられませんでした(無念)のでリーフ独自の調査結果となりますが、おそらく韓国から直接買ってきたもの、非正規並行輸入品、国内で買ったものなどが複合されている前提で、肌に合わなかった人の口コミが多かったのかもしれません。

日本製品でも肌に合わずトラブルになったということはもちろんあるはずです。ただ、今では改善されつつあるものの、韓国コスメでの各種フリー(シリコン・界面活性剤等)が主流となる前から使っている口コミが散見され、今でもまだフリーとなっていないものが取り扱われていることも要因ではないかと考えています!

情報が古くないか、肌に合わない成分が入っていないかを確認してから、韓国コスメの購入を検討しましょう。

韓国は自分の国のコスメを使わないという意見もあり

何が根拠となっているのかは不明ですが、韓国の一部では自分の国で販売されているコスメは危険なので使わないという意見があります。

国内で販売されているコスメから発がん性物質が検出されたり、危険性のある成分が付着していたりすることからこのような話が出てきているのではと、筆者は考えています。

薬機法のように厳しく取り締まる法律があっても、そうしたコスメをよく見かけてしまうというのも理由となりそうです。

肌トラブルの対処がしにくい

韓国コスメは、ブランドが日本国内にない場合には直接問い合わせできず、トラブルに対処してもらえないことも理由の一つに挙げられます。

また、韓国へ問い合わせできたとしても、言葉や文化の壁でうまく意思疎通が取れない、満足できる内容で対応してもらえないなども発生します。

ただ、日本国内で販売されているコスメであっても、メーカーに問い合わせて対処してもらうというのは、そう多くありません。

使用を中止するか(肌に合わなかったとして)、皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう!

日本と韓国では基準が異なる

日本と韓国では、コスメに対する基準が異なるというのも一つの意見です。

  • 日本国内では薬機法で守られているが韓国のコスメをチェックする基準は緩い

などの意見を目にした人もいるはずです。

または、一部では日本より韓国のほうが基準が厳しいとの意見もありました。どちらにしても、ここで大切なのは「どの韓国コスメを対象としたか」です。

非正規並行輸入品(個人輸入)に加えて、韓国から直接購入したものは、日本の薬機法でチェックされていないはずです。

そうすると、日本の基準で考えて使っている場合には「何らかのズレ」が起きます。

実際に韓国の基準を見つけることはできませんでしたが、安心して使える韓国コスメを探しているなら「日本で販売されているブランド」から選び、薬機法を基準としてみてくださいね。

安全性基準は日本でも韓国でも「自社基準」

ちなみに、コスメに記載されている「安全性基準をクリアした〜」という言葉ですが、これは各メーカーが定めた基準であり、クリアしたからと安全性を保証するものではありません

「自社基準で安全だと判断した」という意味であって、国産・韓国産に関係なく良いものですが、実際には安心・安全をメーカーが認めただけにすぎないことは覚えておきましょう!

なお、コスメに関しては「100%の安全性が保証されている」と謳うことも禁止されているので注意。

韓国のコスメは薬機法(旧薬事法)がなく「化粧品法」がベース

まず大前提として、韓国のコスメには薬機法(旧薬事法)は適用されず、独自の「化粧品法」がベースです。

1999 年に化粧品法が制定されるまで、韓国における化粧品規制は日本の薬事法に基づいたものであり、その法体系も類似していた。化粧品法は 2015 年 5 月まで 16 回の改正を重ねながら変貌。

出典:韓国における化粧品の規制改革

韓国では、医薬品等で「薬機法(薬事法)」が使われ、化粧品には「化粧品法」があります

興味がある場合は、「わかりやすい韓国化粧品法2022年 基礎編」という書籍を読んでもらうとわかるのですが、非常に細かく決められており、日本の薬機法に近いほど法律で縛られているのが実情です。

ただ、韓国でこの法律に記載されている誇大広告(よくあるのは肌が再生する等)が使われていることはある、という意見をちらほら見聞きすることがありますので、必ず守られているとは限りませんよね。

こうしたことを考えても、不安な場合は日本の薬機法をクリアし「日本で売っている韓国コスメがおすすめ」です。

韓国コスメには並行輸入品を装った偽物があるのも問題

韓国コスメには、並行輸入品を装って販売されている偽物があるのも問題の一つです。

人気がある一方で、ネットショッピングが一般化した昨今では、画像やテキストで本物のように販売し、手元にコスメが届かなかったり、異なるものが届いたりすることは実際にあるためです。

また、その韓国コスメは正しいものであっても、輸入業者の管理が行き届いていないことで品質が低下し、トラブルを引き起こすといったこともあります。

韓国コスメの偽物は、価格が異常に安くなっていたり、よくわからないサイトで販売されていたり(出品者が不明であることも)するのが常なので、安心できる場所から購入しましょう!

日本で売っている韓国コスメのデメリット

日本で売っている韓国コスメのデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • 偽物が出回っている
  • 法律に抵触しないコスメがある
  • 古い情報が多く判断に困る

それぞれ、安全性を疑う理由にもなっていますので詳しく説明しますね。

偽物が出回っている

韓国コスメは、ネット通販(実店舗を運営しないことでコストを削減している)が主流であることから、購入したのに別のものが届いた、違うものが届いたなどの偽物による被害があります。

例えば、原産国が異なったり、発送元が中国であったりするなど。ほかにも、フリマアプリ(本来は販売が禁止されている)で購入できた場合にも、偽物である可能性が高いですね。

こうした偽物が出回っていることによって、安全性を疑ったり、本当に欲しかったものが手に入らなかったりすることが韓国コスメならではのデメリットです。

法律に抵触しないコスメがある

今回のコラムで軽く触れましたが、韓国コスメは「法律に抵触しない(薬機法に該当しない)」以下の製品があります。

  • 個人(法人)による輸入品(一部の非正規並行輸入品)
  • 観光等で現地購入した韓国コスメ

これらは、薬機法に定められた条項を守られて販売されたルートではないことから、どのようなものが入っていても保証できないと考えられる製品の代表例です。

ただ、判断が非常に難しく、実際には本物かつ安全な並行輸入品や現地購入品があるのも実情です。この韓国コスメ独自の曖昧さはデメリットといえますね。

安全性に不安を感じている場合は、日本で売っている薬機法の基準をクリアした国内製品と同等の韓国コスメを購入するのがおすすめです。

古い情報が多く判断に困る

韓国コスメの安全性を調べた際には、確かに多くの情報が出回っています。

しかし、化粧品法となる前からの情報(2013年)のものがあったり、コスメに関係のないものが取り上げられて関連性をつけられたりしています。

そうなると、現代で販売されている韓国コスメも同様の印象となってしまって、今でも根強く危険性は高いと認識しているケースがある現状です。

ただ、法律が厳しくなっても、やはり国産や国内で販売されているものと比べて、リスクが高いのは事実なのでしっかりと見極める必要はありそうですね。

韓国コスメで危険だとされているブランド

韓国コスメ 危険 安全 ブランド

韓国コスメで危険だとされているブランドの例として、以下が挙げられていました。

  • ミシャ
  • イニスフリー
  • エチュードハウス

ミシャは「クッションファンデ」、イニスフリーは「パック・ティント・パウダー」、エチュードハウスは「リップ」が危険とされています。

リーフ独自の調査結果ですが、ミシャは界面活性剤やポリマー等を使っており、肌トラブルが起きる可能性があるようです。敏感肌さんの場合は避けておきましょう。

イニスフリーについては、直接的な被害がなく、おそらく韓国コスメであることからその危険性がないか調べられているようです。

日本から販売されており、薬機法をクリアしているため、肌質に合えば問題なく使えます。

最後に、エチュードハウス(現:エチュード)は、リップの色素沈着によるトラブルが挙げられています。

ただ、専用のクレンジングで落とせること、薬機法を現在はクリアしていることからいずれも問題ないでしょう。

こうしたブランドに不安を感じた場合は、あえて避けて次項で紹介する安全なブランド(薬機法をクリアしている)をチェックして選んでみてください。

韓国コスメで安全なブランドは?

韓国コスメでは、日本国内で販売されている(非正規並行輸入品・個人輸入品・おみやげ等を除くコスメ)以下のブランドが、薬機法を守って販売していることから安心できます。

  • Innisfree(イニスフリー)
  • ETUDE(エチュード)
  • The SAEM(ザ セム)
  • SIORIS(シオリス)
  • SERUMKIND(セラムカインド)
  • Dr.Jart+(ドクタージャルト)
  • HERA(ヘラ)
  • APRILSKIN(エイプリルスキン)
  • CNP Laboratory(チャアンドパクラボラトリー)
  • SKINFOOD(スキンフード)
  • SUREBASE(シェアベース)
  • Nature Republic(ネイチャーリパブリック)
  • Hince(ヒンス)
  • WAKEMAKE(ウェイクメイク)
  • Rom&nd(ロムアンド)
  • Fwee(フィー)
  • WonjungyoBeauty(ウォンジョンヨビューティ)
  • A’pieu(アピュー)
  • Bbia(ピアー)
  • MEDIHEAL(メディヒール)
  • BEGIC(ベージック)
  • Beplain(ビープレン)
  • AROMATICA(アロマティカ)

韓国コスメの危険性に関する気になる質問への回答

リーフが独自に調べて、韓国コスメの危険性に関する気になる質問へまとめて回答します!

  • 韓国化粧品の危険成分は?
  • なぜ韓国コスメは安いのか?
  • なぜ韓国コスメが人気なのか?

韓国化粧品の危険成分は?

韓国化粧品で危険な成分と言われているのは、以下が挙げられます。

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 紫外線吸収剤

ただ、近年のコスメでは含まれていないことが多く、肌トラブルの原因になるとされているもので、有毒な成分ではありません。

なお、韓国コスメに「PFAS(発がん性または環境汚染物質)」やアスベストが含まれているといった話題が挙がったことがあります。

ただ、この調査がどこで行われたのかは不確かで、どのコスメなのかも明確ではありません。

なぜ韓国コスメは安いのか?

韓国コスメが安い理由は、実店舗を持たずに通販のみで販売し「人件費」を削減したり、宣伝や広告費を抑えることで「生産コスト」を削減していることが挙げられます。

また、化粧品の原価はおおよそ20〜30%とされており、利益が上乗せされて販売価格が決まる形です。削減したコストを考慮すると、国内生産のコスメより安くしても利益が出ることから、安い価格で提供を続けられることも要因ですね。

ショップ独自の割引も日本と比べて割合が高く(50〜70%はよくある)、販売方法や製造方法の工夫も相まって同じ成分なのに半額で購入できるといったことが起きます。

なぜ韓国コスメが人気なのか?

韓国コスメが人気の理由は、インのクオリティ(パッケージのかわいさ)、安いことで入手しやすいこと、通販で手軽にそろえられることが挙げられます。

また、日本では高いコスメにしか含まれていない成分が、安価なものにたっぷり含まれているといった方向性の韓国コスメも見かけるので、やはりトータルで見たコスパの良さもポイントになっているのではと思います。

韓国コスメならココがオススメ!

Qoo10(キューテン)

オンラインショッピングモールの中でも、韓国コスメに特化したQoo10は必見。
筆者(リーフ)も実際に愛用中で、その品揃えの豊富さに驚かされました(すでにVIP会員)。
さらに、Qoo10ならではのプライスダウンセールやタイムセールを逃さずゲット!

スタイルコリアン

韓国コスメ好きなら知らない人はいないほどの人気店、スタイルコリアンもおすすめ。
日本でも大ヒット中の韓国ブランドを取り揃え、トレンドをいち早く手に入れるチャンスです。

今回のまとめ

韓国コスメが危険と言われる代表的な理由は、以下が挙げられます。

Memo
  • 金額が安すぎて「怪しい」
  • 危険な成分が含まれている
  • 日本人の肌に合わない
  • 肌トラブルの対処がしにくい
  • 日本と韓国では基準が異なる

ただ、日本で販売されている韓国コスメは、薬機法をクリアしたものばかりですので、あとは国産コスメと同じように肌に合うかが大切なポイントです。

また韓国コスメの安全性については、以下のとおりです!

  • 韓国ベースでは「化粧品法」がある
  • ただし非正規並行輸入品・個人購入の安全性は保証はできない
  • 日本で売っている韓国コスメの基準は「薬機法(旧薬事法)」
  • 不安な場合は日本で販売されているものだけ選ぶ!

ぜひこのコラムを参考に、韓国コスメのブランドから肌に合うものを見つけてみてはいかがでしょうか!

関連記事

Qoo10の安全性を徹底検証!やばい真実と口コミを公開!

メルカリ 韓国コスメ 禁止

メルカリで韓国コスメの販売が禁止される理由|日本語表記がないと基本NG

韓国コスメ 安い 現地

韓国コスメで安い現地のショップの一覧と旅行に行けないときの対処法

韓国コスメ 偽物

【騙されない】韓国コスメの偽物(コピー)と本物の見分け方

スタイルコリアンの安全性を徹底検証!驚きの真実と口コミを公開!

韓国コスメはなぜ人気?理由を調べてみた!